2016年10月14日

【せどりツールをスマホでも】Amazonせどりをスマホから仕入、出品も

せどりには、「価格差がある」「売れている」という点に注目
Amazonせどりのやり方として、ツールを利用して
「条件を同時に満たしている商品を見つける」という方法をおすすめします。

「価格差がある」「売れている」を探すツールとして
カルーン!IDせどり】というものになります。
スマホからも使う事ができる、せどりツールになります。

輸入で稼げそうな商品が、
ログインするだけで売れている順に勝手に表示され、
スクロールするごとに次々と表示されるのです!




このツールではASINごとの詳細情報と日々のランキングと価格の推移をサーバーにストックしています。このため「価格差があり」かつ「売れている」商品を高速に表示できるのです。

Amazonを使って「せどり」に挑戦したい方に
せどりを実際に行いたい、稼ぎたいという方に

今回の『カルーン!IDせどり』は、価格差・売れている実績という2つの重要なデータ(Important Data) を攻略することで、AMAZON輸入せどりで初心者の人でも結果を出しやすいようにできています。

在庫を一切持たずにAMAZON販売を行ういわゆる無在庫販売が流行りましたが、この方式は参入がとても容易なので、利益の出る商品には100名以上のセラーが群がり、安売り競争となってしまうことも多く無在庫販売だけで稼ぐのは難しくなっています。

そのためFBA(Fulfillment by amazon)販売を活用するのがポイントになっていますが、FBA販売では先に仕入れを行うので、売れ残りのリスクをできるだけ排除しなくてはなりません。

カルーン!IDせどりでは、日々のランキング変動を元に毎月の売れた個数をデータとして持っているので、各商品が今までどのくらい売れているかキチンと把握できるので、この売れ残りのリスクを最小限まで抑えることができるのです。

また、通常のリサーチ方法では先ほど見たように、何時間もかかってようやく5個・6個といった数しか見つけられませんが、カルーン!IDせどりではすでに輸入に適したアイテムの売れた実績データを持っているため、一瞬にして何千件ものお宝リストを手に入れることができるのです。

このツールで一番実現したかったこと、それは「価格差を調べて…モノレート等で過去に売れているかどうかを1件ずつ調べる…」この不毛で時間のかかるリサーチ作業を一気にショートカットしてAMAZON輸入ビジネスを素早く立ち上げるということです。

さらに、リサーチして仕入れるかどうか判断するために、競合セラーの数(出品者数とFBA販売者の数)、AMAZON販売手数料とFBA料金がいくらかかるか、サイズと重量、利益がいくらになるか、などの重要なデータも自動で表示します。

とことん輸入におけるリサーチを効率化するツールに仕上げました。


せどりツールの使い方は簡単です。
カルーン!IDせどりの使い方はとてもカンタンです!

システムにログインすれば、
最初から価格差があり前月によく売れた一覧が表示されます。

マニュアルはありますが、
どなたでもマニュアルを読まなくても直感的に使えるように設計されています。


Amazon輸入のリサーチを高速化 カルーン!IDせどり スマホでも♪

さらに
カルーン!IDせどりで検索して出てくるものを普通に輸入してFBA納品すれば、それだけでも稼げますが、もう一歩踏み込んだ活用方法を紹介します。
キーワードをツールから拾ってキーワードサーチ

ツールを見ていくと「これは良いかも?」と感じるキーワードがでてきます。そのようなときはブランド名などでキーワードサーチをします。

たとえば"ZIPPO"というワードで検索すると、Zippo関連のリストが表示されますし、今まで知らなかった輸入ブランドもキーワードで検索すれば深堀りできます。

仕入サインを使って下落率の高い商品を刈り取る!

仕入れサインという機能があり、「直近1ヶ月間の相場仕入価格からの下落率が**%以上のときに表示」することができます。

これは直近の1ヶ月間でもっとも多かった値段を相場価格とみなして、この価格からの下落率が高いアイテムにDOWNマークを表示できるという機能です。

この機能はさらに「仕入れサインのある商品に絞り込む」というオプションがあり、指定の下落率以上のアイテムだけに絞り込むことができるのです。

この絞り込みを行うことで、相場よりも大幅に安く出品している商品がすぐに分かりますので、このような輸入セール品は根こそぎ刈り取りましょう。その際前月のSales数を”5”などで設定しておけば、売れているので問題ないでしょう。


プレミアム品を探す

定価を超えてプレミアム化している商品は大きな利益が取れる可能性があります。プレ値品をこのカルーン!IDせどりで検索することもできます。

たとえば、『直近1ヶ月の相場販売価格からの上昇率』を“40%”に設定して、『値上がり商品に絞り込む』にチェックをします。

単にプレ値品を探すだけでなく、輸入先の海外AMAZONもリサーチできており、月にどのくらい売れるのかも把握できているところがポイントです。

アマゾンで仕入れ、アマゾンで売る
この「せどり」のやり方で

実際に「せどり」というビジネスを開始してみませんか?


Amazon輸入のリサーチを高速化 カルーン!IDせどり スマホでも♪
posted by せどりツールが必要 at 01:58 | 「Amazonせどり」やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Amazonせどりのやり方】ツールで仕入れ出品発送をできる、せどりを

せどりには、「アマゾン」
アマゾンには、「せどり」と聞いたい事あるけど、実際にどのようにすればいい??

その「Amazon」せどりのやり方が分かるなら
ハッキリしているなら、手順として進める状態なら
挑戦したいと思いませんか??




Amazon輸入せどりをはじめたい方の
リサーチを圧倒的に効率化し、短期間で高い売り上げを実現するツールです。

・月額料金はいっさい無し
・ダブル返金保証
・一度導入すればながく使える

「Amazon」せどりのやり方知りたかった人
具体的に作業としてどうすればいい??って考えていた人に

マニュアル通りに実践していただき、コツコツと続けていけば半年後に月収20万、30万もまったく夢ではありません。

Amazon輸入販売なら、一度売れると分かったら後は仕入れて発送するだけ。

新しい見込商品の出品を続ければ、
利益は売れた分だけ増えていくのです。まさに積み上げ式のビジネスモデルなのです。

売れた数を教えてくれるツール、
カルーン!IDせどりが、着実な売り上げアップをサポートします。

AMAZONでの販売方法がわかりません…
AMAZON販売がはじめてという方のための
特典として『AMAZON輸入販売スタートマニュアル』をお付けしています。

「アマゾン」せどりのやり方のスタートに、ご利用できます
1. Amazon.co.jpのセラー登録方法
2. セラーセントラルでの出品者アカウント情報の登録
3. セラーセントラルでの配送設定
4. セラーセントラルでの販売者情報の設定
5. 商品の出品方法
6. ラベルなし混合在庫設定について
7. FBA納品プランの作成方法
8. Amazon輸入販売をするうえでの注意点
9. Amazonの発信している情報を活用しよう

という構成で、セラーセントラルの操作方法については、1つ1つの操作に画面のキャプチャを使い、解説を加えて説明しています。また当社で輸入販売を経験する中で得た知識やFBA納品に関するノウハウも詰まっていますので、他の書籍を購入する必要もありません!

まずはこのマニュアルの手順にそって
実行すれば最短距離で販売者登録から出品&FBA納品完了までのステップを素早く実践できます。

また、ご購入いただいた方への特典として、アメリカ在住の日本人SOHOをご紹介します。

アメリカのAMAZONで購入した品の輸入はMyUSを利用するのが良いのですが、
アメリカの会社ですので英語に不安がある方は言葉の通じる日本人に依頼するほうが安心です。

輸入コストを安く、かつ信頼して任せられるアメリカ在住の日本人SOHOを今回特別に紹介します。当社も何度も取引をして信頼のおけるSOHOだけを紹介しますので、安く・迅速な輸入が可能になります。

またアメリカでの購入代行や現地に住所が必要な海外取引も相談可能です。


Amazon輸入のリサーチを高速化 カルーン!IDせどり スマホでも♪

IDせどりって何??

せどりにおいてもっとも 重要な (Important) データ (Data) を分析して、欧米AMAZONの輸入せどりのリサーチを攻略しようと考えて開発されたのがカルーン!IDせどりです。
※ 野村克也元監督が提唱されていた「ID野球」をヒントにネーミングしました

どのようなAMAZON転売であっても、
リサーチにおいて決定的に重要なデータが2つあります。

この2つにこだわってリサーチするだけで
初心者でもAMAZON輸入で初月に20万円・30万円と売り上げることは十分可能です。

まず価格差というのは、AMAZON輸入においては日本AMAZONと各国AMAZONの価格差です。AMAZON仕入れのAMAZON販売では、価格差がなければ最悪赤字になってしまいます。反対に価格差が大きければ、手元に残る利益も大きくなります。

ただし価格差のある商品を見つけたからといってそれだけでは不十分です。売れなければ意味がないからです。そして売れるかどうかを知るには過去に売れていたという実績を示すデータがやはり必要です。

AMAZONは何がどれだけ売れたか情報公開をしてはいないのですが、商品が売れたらランキングが上昇するtということが経験的に分かっていますので、このランキングの変動を元に売れた回数を推測できます(後で詳しく説明します)。

初心者の人などで、いま現在のランキングだけを見て「これはランキング10,000位に入っているから売れるだろう」と考えて仕入れてみたもののさっぱり売れない…というケースはよくあります。そのときたまたまランキングが上がっていただけなんですね。

ある商品が売れているかどうかは継続してモニターしない限り分からないものなのです。

また目利き力のない段階で「これは売れそうだ」とか、
「こんなものが売れるはずがない」といった主観に基づいた予想もまったく当てになりません。

たとえば次の2つの輸入品を見て、あなたならどちらが日本AMAZONで売れていると思いますか?


Amazon輸入のリサーチを高速化 カルーン!IDせどり スマホでも♪

答えは、上のクッシュボール(kooshball)レギュラーサイズ6種類セットです。 クッシュボールは日本AMAZONで過去6ヶ月間で平均で最低でも13個以上売れていますが、下のミニオンズのおもちゃは月に1個売れているかどうかというレベルです。

AMAZONでは私たちの全く知らないアイテムがばんばん売れていて、逆に知っている輸入ブランドでも全然売れていない型番が山ほどあるのです。そんなマーケットで、自分の持っているごくわずかな知識やセンスなどは何の役にも立たないのです。

ですから、頼るべきものは確かなデータ、それしかありません。

それでは仕入れるべき商品のデータ(価格差と売れているかどうか?)を調べる方法とは?

オーソドックスなのは、次のようなやり方です。

まず日本のAMAZONにてキーワード“並行輸入”で検索します。

価格差のあるものが見つかったら、ASINコードというユニークなIDがページ下のほうに書いてあるのでこれをコピーしておいて、モノレートというサイトの検索窓に貼り付けて、売れ行きをチェックします。

売れ行きを見るにはランキング推移のグラフを見ます。

AMAZONではある商品が売れるとランキングが上昇する仕組みになっています。この仕組みを利用して、一定期間でのランキングの上昇回数を数えると売れ行きが把握できるようになっています。


「Amazon」せどりのやり方が分かります
分かるだけでなく、稼ぐ事が、せどりを続けて行く事ができる
ツールになります。
posted by せどりツールが必要 at 01:44 | 「Amazonせどり」やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする